初音ミク ねずみ年ミクの宴【01/11〜なくなり次第】@ドン・キホーテ町田駅前店、MEGAドン・キホーテ古淵店


初音ミク ねずみ年ミクの宴は、ドン・キホーテ町田駅前店さん、MEGAドン・キホーテ古淵店さんで1月11日から開催されてます。



初音ミクのクリアファイルです。


初音ミクは、音声合成システムに対応したボーカル音源(歌を歌わせる事ができます)、およびそのキャラクターです。
ソフトウェアの発売会社はクリプトン・フューチャー・メディアです。
最初の製品は2007年8月に発売されました。
CVは藤田咲さん、キャラクターデザインはKEI先生です。
発売直後より、ニコニコ動画等で楽曲やキャラクターの動画が投稿され、爆発的人気になりました。
数多くの音楽作品が発売され、透過スクリーンのライブイベントも頻繁に行われてます。
受賞歴では、デジタルメディア協会「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'07 / 第13回 AMD AWARD」で優秀賞、2008年「第39回日本SF大会」で星雲賞(せいうんしょう)・自由部門、2008年「第13回アニメーション神戸賞」で作品賞・ネットワーク部門、2008年「グッドデザイン賞」、日本レコード協会・2009年「ゴールドディスク」、ライブイベントがデジタルメディア協会「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'11 / 第17回 AMD AWARD」で大賞と総務大臣賞、2012年「第66回北海道新聞文化賞」で特別賞、ミクとニコニコ動画等との関連特集をされた雑誌が2013年「第52回日本SF大会」で星雲賞、日本商品化権協会「日本商品化権大賞2015」でグローバル部門、ミクの生みの親・伊藤博之さんが「FIT2016 船井業績賞」等となってます(2020年1月現在)。
その他にも、ゲーム専用機15作品(移植作含まず)、携帯電話・スマホ向けゲーム5作品、アーケード・ゲーム2作品、マンガ・小説多数等と展開されてます(2020年1月現在)。
コラボレーションでは、さっぽろ雪まつり(雪像・氷像の展示)、北海道(応援キャラクター「雪ミク」)、札幌市電、西武鉄道(ともにラッピング車両を運行)、山口県の精華学園高等学校(校歌の採用企画)、大阪府のひらかたパーク(スタンプラリー)等と行われてます(2020年1月現在)。

商品のイラストはドン・キホーテ限定の描き下ろしのものとなってます。
ミク以外のクリプトンのキャラクター、鏡音(かがみね)リン、鏡音レン、巡音(めぐりね)ルカ、MEIKO、KAITOのグッズも販売されます。

公式ページとドン・キホーテのサイト、ウィキペディアよりまとめました。


町田店さんにおじゃましました。
今回のコラボグッズの販売コーナーは5階の真ん中のレジです。
天井に今回のイベントのイラストシートが吊るされ、机の上には商品の一覧が置かれてます。
また、4〜5階の階段の壁や手すりには、非常にたくさんのイラストシートが設置されてます。
1月14日13時現在、品切れの物は、Tシャツ、ランダムの缶バッジ、アクリルスタンドBIGのリンとなってます。
クリアファイル2枚セットのミクのもの(880円)を購入しました。
以前のコラボグッズの販売イベントの鬼滅の刃のグッズも、パーカーとTシャツが再入荷されてます。
レジに店員さんがいらっしゃらない場合は、他の階の店員さんに連絡してもらいましょう。
発売2週目にもお店に行きました。
1月20日お昼現在、品切れの物は、Tシャツ、ランダムの缶バッジ、アクリルスタンドBIGのリンとレン、クリアファイル2枚セットのリン・レンとなってます。
ランダムのアクリルキーホルダー(748円)を購入しました。
キーホルダーは鏡音レンの普通の頭身のものでした。
以前のコラボグッズの販売イベントの五等分の花嫁のグッズも、マイクロファイバークロスの文字でデザインされたものが再入荷されてます。



ディフォルメされたイラストのクリアファイルです。
裏側は、巡音ルカ、MEIKO、KAITOのイラストが描かれてます。



鏡音レンの普通の頭身のアクリルキーホルダーです。



動画は初音ミク「ballade」です。



2020/01/14

【追記】
発売2週目にもお店に行き、写真と文を追加しました。

初音ミク
公式ページ クリプトン
公式ブログ
雪ミク総合サイト
ドン・キホーテ
「初音ミク」ウィキペディア


取材記2020/01〜2020/03
町田・古淵オタクマップ